カードローンの利用履歴

銀行などのカードローンを利用すると、その利用履歴が残ります。この情報は、それぞれの金融機関で保持されるほかに、信用調査機関にも登録されることになります。この履歴では、ありとあらゆることが記録され、例えば延滞なども、1日でもあれば、それはとりあえず履歴として残ることになります。

金融機関内部で保持する履歴が、どれくらいの期間残るのかははっきりと分かりませんが、信用調査機関に残る情報は、5年間であると明らかにされています。

この履歴のことを俗に信用情報と言いますが、この信用情報は、とても重要なものです、銀行カードローンだけでなく、クレジットカードや自動車ローン、そして住宅ローンなど、お金の貸し借りに関するあらゆることが記録され、そして新たな融資の判断の材料となるからです。

つまり現在だけでなく、将来的にも、お金を借りる時に断られるなどの不便な思いをしたくないと思うのなら、この履歴を綺麗にしておく必要があります。実際に返済が滞りがちであるとか、過去に金融事故を起こしたことがある場合は、融資の審査で大きなマイナスになることは、覚悟しましょう。

信用調査機関に履歴が残る期間は5年間だと言いましたが、これは事故が起こってから5年間ではありません。その事故が法律的にも解決して、金融機関がその報告をしてから5年間です。つまり延滞や債務整理をした時は、それが発生してから5年ではなく、それがキレイに片付いてから5年ということになります。

しかし例えば、返済をうっかりと1~2日程度遅れてしまったという場合は、その回数が少ないのであれば、そこまで気にする必要はありません。それは各金融機関の判断となりますが、大きな影響を与えない範囲でしっかりと返済をしているのならば、そう目くじらをたてる金融機関も多くないでしょう。また履歴には、延滞などの情報だけではなく、しっかりと返済しているという情報も残りますので、そういう人は、新たな融資審査でも、有利な判断を受けやすくなります。